マグカル開放区ロゴ





YouTubeで再生する
 音楽 

神奈川「バーチャル開放区」バイオリンで神奈川のうたメドレー

再生回数: 179
アーティスト(団体)名
大堀由美子

横浜でバイオリン弾いてます。
「バーチャル散歩in神奈川」を音楽で‼️と神奈川にゆかりのある童謡などをメドレーにしました。
メドレー最初の曲、「赤い靴」と言えばやはり横浜。次の「お猿のかごや」一番の歌詞には小田原提灯が出てきます。
「あわて床屋」の作詞者、北原白秋は当時小田原に住んでおり行きつけの床屋があったそうです。
「青い目の人形」は歌の発表から6年後、実際にアメリカから日米の親善を願い、横浜の港に人形が到着しました。
「かもめの水兵さん」の舞台は昭和初期の横浜。
山下公園の空をかもめが飛んでいた風景にインスピレーションを受け歌詞につづったとされています。
最後の横浜市歌。横浜開港50周年を記念して作られました。
当時としては珍しい、曲に合わせて詞をつけるという方法で作られました。
どうぞお楽しみください。

noimage

TOP