マグカル開放区ロゴ





YouTubeで再生する
 音楽 

神奈川「バーチャル開放区」プロコフィエフ 戦争ソナタ 6-1 佐藤ひでこ

再生回数: 1,700
アーティスト(団体)名
佐藤ひでこ(HS classic)

元東京音大講師の母から3才より英才教育を受け、桐朋学園附属音教を経て東京音大卒業後、招きにより国立ショパン音楽院大学院研究科を経て1990年国立クラコフ音楽院大学院研究科を最優秀で修了。ソ連時代における“ロシア・ピアニズム”の祖 Gネイガウスの孫弟子。ロシアン奏法を受け継ぐ正統派ピアニスト。
1995年帰国直後、世界で原因不明/完治不可能と言われている「ピアニストの職業難病フォーカル・ジストニア」に罹患したが、独自の鍵盤リハビリのみで21年間かけて解明/完治させ、2018年23年のブランクを経て正式再デビューを果たし復活した奇跡のピアニスト。
バロックから現代曲まで非常に豊かな感性と表現力で弾きこなし、演奏は作曲家により別人のように七変化する。美しい響き、多彩な音色、流れのある自然な音楽、繊細でありながら非常に激しく情熱的、芸術性に溢れた独自の解釈で奏でる。
「非常にシャープな感性、純粋で真摯な音楽性、非凡な個性、貴重な才能」《柴田龍一(音楽評論家)ムジカノーヴァ 2020年 5月号より》
☆HS classic 代表 ☆M &H Music Festival in Pistoia 芸術監督(イタリア)

※新型コロナウィルスと戦っている医療従事者、エッセンシャルワーカー
の方々のためにプロコフィエフの戦争ソナタを贈ります。

佐藤ひでこ(HS classic)を応援する ※外部サイトへジャンプします。
佐藤ひでこ(HS classic)の写真

TOP