マグカル開放区ロゴ





YouTubeで再生する
 音楽 

「祇園精舎」GionShoja~琵琶と小鼓による~神奈川「バーチャル開放区」

再生回数: 257
アーティスト(団体)名
ライフアートユニオン

私たちは人生そのものが芸術であり、市民の誰もが芸術家であるという考え方のもとに「ライフアート(生涯芸術)」の普及促進を目指してワークショップや舞台の企画などを行っています。人生の中に、生活の中に芸術があり、生涯を通して、それと寄り添いながら日常を楽しみ続けることができる。神奈川県はそんな新しいスタイルの地域文化を発信する都市として、世界に先駆けた「ライフアート(生涯芸術)」モデル地区にふさわしいと考えています。神奈川県をフラッグシップとして、神奈川からライフアート先進文化を世界にむけて発信していきたい。地域の人誰もが文化・芸術を楽しんでいる「まち」。自分のライフワークとして、一生付き合える芸術や技術を誰もが見つけられる「まち」、ライフアート、つまり生涯芸術が根付いた「まち」づくりを目指します。私たちライフアートユニオンは参加しているスタッフの多くが自分自身もアーティストであるプロデュース集団です。芸能やアートの最前線で感じている感動をより沢山の人にダイレクトに伝えたいと考えています。またアーティストだからこそ現場で感じる活動の矛盾や不合理性などを、正していくことで、より合理的に誰もが楽しく活動できる場を創造することができます。地域の方々に、神奈川が培ってきた文化・芸術の多様さ、深さ、面白さを発見して頂き、文化の魅力をダイレクトに伝えられる、感じられる機会を作っていきたいと思います。現在はコロナ禍にあり活動もままならない部分もありますが、神奈川「バーチャル開放区」によって沢山の人が映像芸術を通してライフアートを楽しんでいただけるように活動の幅を拡げていきたいと思います。
今回は神奈川県を代表する二人の邦楽演奏者にコロナ禍の中、三密を避け、神奈川県内の山の中で演奏していただき、それを迫力ある映像作品に仕上げました。横浜ではお馴染みの琵琶の荒井靖水さん、小鼓の今井尋也さんコロナ禍の中、本当に大変な演奏をありがとうございました。また、この作品が日々大変な仕事を強いられているエッセンシャルワーカーの方達の楽しみの一つになればと思っています。

ライフアートユニオンの写真

TOP